上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネオスクリーントーナメント戦

年間通じて行われているクラブ最大のイベントです。

参加者は・・紀州釣り界のカリスマ・荘司明良師匠初め、不滅の3連覇を達成した副会長・植村、昨年度準優勝・今年こそはと燃えるナイスガイ・福ちゃん、2年連続準優勝の後、昨年度初の栄冠に輝いた古川・・などなど。

蒼々たる参加メンバー。

そんな強烈メンバーに混じって・・ボクも細々と毎年参加しとります。


釣りの大会って言うのは、1日若しくは2日間くらいでのお祭り的な催しとして行われる場合が多いもの。
つまり・・たまたま運が良かったから優勝できたという事も少なくない。むしろ、そういった場合「運も味方につけなければ。」と言われるくらいです。


それに対して・・1対1でのサシ勝負の積み重ねで1年間行われるこのトーナメント。優勝までは負けなしで最低5連勝が必要です。

そこには「たまたま」とか「マグレで」といったフロックの入り込む隙間は極端に少なくなる。

終わってみればやはり実力どおり今年のチャンピオンが誕生している・・といった具合です。

その証が・・毎年、ベスト4あたりには実力通りのほぼ似通った顔ぶれが揃うこと。

ボクも今年こそは・・と毎年そのベスト4入りを目指すのだがいつもどこかで壁にぶち当たって・・( ̄ω ̄;)
結果・・「来年は頑張ろ・・。」となる。

1回戦は不戦勝だったボクの今年の緒戦は2回戦。

相手は古くからのエエ相棒・長田くん。

2人とも・・長年トーナメントに連続で参加してて、これが初の対戦。もちろん、普段の釣りではよく一緒に行くのだが、このあたりもトーナメント戦の妙です。

お互い手の内は知り尽くしているだけに、やり易くもありやり難くもあり・・といったところ。
勝負も僅差での決着になると、お互いが感じたところです。


大阪湾でのその対戦・・・



1-1



やっぱり接戦。

で。勝敗を分けたのは、25cm以下の数。
上の数字はあくまでも25cm以上のいわゆる規定内のチヌ。
勝敗がつかない場合は・・それ以下の規定外のチヌの枚数で決めることになってます。

たまたま・・この日はカイズの多い日やったのか、そんな場所に入ってしまったのか。スカリにはカイズばっかし。

僅か・・ 2枚差でした ( ̄▽ ̄;)

運良く・・3回戦に進出したのはボクの方。

運に左右されることが少ない・・と冒頭に書いていながら、この勝利は紛れもなく運。


ま。こういうこともあるから、アツくなるんやけど。

長田くん、お疲れ様でした。

今度はアソコ行こーね。(* ̄∇ ̄*)


次も・・勝利で飾ってやぁ。と言って下さる方、応援クリックよろしくお願いしますブログランキング



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。